生え際の育毛は普通とは違う?髪が生える3つの対策

haegiwa

最近生え際が気になって「前より薄くなってきているかな」「どうやって防ぐのだろう」と考えたことはありませんか?生え際の薄毛はなによりも早い対策が1番大事です。ここでは生え際の育毛について詳しくお伝えしていきます。これを読んで対策をすることで、薄毛の悩みから解放され、仕事もプライベートの時間も楽しく過ごせるでしょう。

1.薄毛の原因とは

1-1.生え際の薄毛の原因の1つ「遺伝」

youtsu_01

おでこの生え際から薄くなる原因は主に「遺伝」だとされています。ですので、比較的改善しにくいと言われています。しかし、諦める必要はありません。あくまで「薄毛になりやすい」ということが遺伝しますが、「100%薄毛になる」というものではありません。そして、この「薄毛になりやすい」原因には「男性ホルモン」が関係しています。ここで言う男性ホルモンとは「テストステロン」のことを言います。この「テストステロン」が薄毛の1番の原因になります。

テストステロンとは、主に男性に多く分泌される男性ホルモンの1つで、男性の場合は精巣(睾丸)で大半のテストステロンが作られ分泌されます。女性も男性よりは少ない量ですが、卵巣や副腎などで作られます。テストステロンは性欲の亢進や生殖器の発育に影響を与えるホルモンで、ヒゲや体毛の成長を促し、筋肉や骨格の形成にも働きます。少年が思春期に男っぽくなるのは、テストステロンの働きによるものです。

1-2.生活習慣にも大きな関係がある

youtsu_01

生活習慣を見直すことも薄毛にはとても重要な要素の一つです。脂肪や甘いものを多く摂取すると頭皮からの皮脂の分泌が多くなりますので、食物繊維や髪の材料にもなるタンパク質を含む食品を多く摂取するようにしましょう。また、適切な運動で血行をよくすることで頭皮に栄養が届きやすくなります。シャンプー時の頭皮マッサージも血行促進になります。

また、シャンプーが頭皮に残ると、雑菌の繁殖に繋がり脱毛や臭いの原因になりますので、洗い残しに注意しましょう。最後に、早寝も大切です。成長ホルモンの分泌が多い22時〜2時までに眠ると効果が高いとされています。

1-3.ストレス要因は大きいので緩和策を考える

youtsu_01

髪の毛が抜けたり細くなったり後退したりしてしまう要因には、仕事や生活環境から受けるストレスも当然あります。もしも生活環境の中で改善できそうなストレス要因があるのなら(何とかできそうだけど放置しているのなら)生え際の後退が進行する前に解決してしまいましょう。

ですが、仕事から受けるストレスっていうのはなかなか減少させることができないですよね。抜け毛を増加させてしまうような日常の仕事でのストレスというのは減少させるよりも別の行動によって緩和させることを考えなければなりません。端的に言ってしまえばストレスを発散させる方法を見つけるということです。

2.薄毛に効果的な食生活

2-1.食生活に気を配ってバランスの良い食事を

youtsu_01

20代・30代で生え際の後退に悩んでいる人の場合には、かなり食生活が乱れていることがあります。この年代の若い男性でしたら食事内容に気を配る人は少ないです。健康診断で数値が出た時に初めて自分の食生活を見直すようになるのが多いと思いますが、薄毛の問題を抱えている方は気をつけなければいけません。

よくいる方が炭水化物だけ食べている・肉ばかり食べている・野菜を全然食べていない・カロリー過多で太っている、という食生活を送っている人です。また現在外食ばかりしているという方は、メニューを選ぶ時に自分が足りない栄養素を補えるように、自炊可能であれば簡単な調理でも大丈夫ですのでこれまで食べてこなかった食材を取り入れてみるのも良いです。

特に生え際の後退を心配している人の場合にはビタミンやミネラルが不足していることがほとんどですので、野菜を多めの食事に変えるのが良いです。料理が苦手という方は、まずはコンビニやスーパーにカット野菜が販売されていますので、ドレッシングを適度にかけて食べるというのでも大丈夫です。

2-2.生え際・頭頂部の薄毛改善に効く食事

youtsu_01

育毛促進、薄毛に効く食べ物を紹介しましたが、偏って食べるのではなくバランスの良い食事を食べることが抜け毛予防と発毛に効果的で、以下のような食事が薄毛改善に良い言われています。

・毎日4種類以上の野菜を食べる。
・脂肪の少ないタンパク質を食べる(1日の摂取カロリーの20%)
・脂肪が多い牛や豚など、赤肉を食べない
・リコピン、亜鉛、ビタミンDを摂取する

低カロリーの大豆食品からタンパク質を摂り、肉の摂取は少なく、野菜をたくさん食べるというこの食事は昔の日本人の食事です。
現代人は食べ過ぎで死ぬと言われるほど過食で、抜け毛の原因となる食べ物を避けることも大切です。過剰摂取すると髪に悪い食べ物・ミネラルについて以下で解説しているので、避けるようにして下さい。

2-3.胃腸から発毛環境を整える食事法

youtsu_01

薄毛の方は胃腸が弱い傾向にあり、胃腸が弱いと発毛効果のある食事を摂ってもその有効成分を体内に吸収できません。弱った胃腸の調子を整えることが大切なのです。1つ目のポイントは肉を食べ過ぎないことです。 胃腸の調子がよくなると、発毛に効果のある食事を摂った時の吸収力がアップします。

2つ目のポイントは食事の組み合わせです。午前中はフルーツのみを食べるようにし、昼食と夕食は野菜と穀物か野菜とたんぱく質という組み合わせにすると胃腸の調子はよくなります。穀物とたんぱく質を含む食材(肉や魚など)の組み合わせは消化に悪く、胃腸に負担がかかるのでご飯と魚というような組み合わせは避けるようにします。午前中はフルーツを食べ、昼はご飯と野菜、夕方は魚と野菜というような組み合わせが理想です。

最後のポイントは飲み物です。アルコール、お茶、コーヒーなどを飲まないようにし、ミネラルウォーターのみ(1日2リットル位)にします。大変だと思う方もいるかもしれませんが、21日間やると胃腸が浄化されるようなので是非3週間は試しに行って頂きたいと思います。

3.育毛剤の効果とは

3-1.育毛、発毛効果を発揮する

youtsu_01

育毛剤には毛周期を整え、育毛、発毛効果を出してくれるものがあります。育毛剤の種類はたくさんありますので、すべてのものに同じ成分が入っているわけではありませんが、どの育毛剤にも有効成分が含まれています。

特に、薄毛の決定的な原因と考えられているのは、DHTと呼ばれる男性ホルモンです。 このDHTを抑える働きを持つ成分を含む育毛剤は、生え際の薄毛には効くと考えてもよいでしょう。他にも、育毛には欠かせない成分が含まれている場合がありますが、生え際の場合は、特にこのDHTという男性ホルモンを抑える効果があるかどうかが、大事になってきます。

3-2.頭皮の状態を正常にする

youtsu_01

いくら育毛効果のある育毛剤を使っても、頭皮の状態が悪ければその効果は半減してしまいます。生え際用の育毛剤の中には頭皮の血行を改善し、より育毛剤が浸透するような成分が入っているものもあります。

また、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴のつまりや炎症を起こしている人にも、皮脂の分泌を正常にし、毛穴のつまりなどを予防する効果もあります。

3-3.生え際に効く育毛剤選び。どんな点に注意する?

youtsu_01

生え際の薄毛に効果のある育毛剤はたくさんあります。その中でも一番は副作用がなく安全なものを利用することをおすすめいたします。育毛効果は感じられてるけど副作用が強く出てしまうなど、それでは薄毛で悩むだけではなく、ストレスが増えてしまいます。

また安い買い物ではないので購入する前にあらかじめ育毛剤のメリット・デメリットを知っておく事も大切だと思います。早く利用した分育毛効果も感じられます。安全でなおかつ育毛効果を感じられる育毛剤を利用して自信を取り戻しましょう。

4.まとめに

いかがでしたか?生え際の育毛についてわかっていただけたと思います。食生活の改善や育毛剤を使うことによって薄毛を防ぎ、育毛していくことをおすすめします。また、重要なのは早くから対策することです。これから薄毛対策に生え際の育毛をしていくことで、頭の事を気にせずに仕事も恋愛も楽しく過ごせるようになればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連している記事