勃起不全(ED)治療の費用は?失敗しない医者と薬の選び方

edtreatment

いわゆる勃起不全(ED)に悩んでいて「ED治療法っていくらくらいで手に入るんだろう」「ED治療薬にはどんな種類があるんだろう」と考えたことはありませんか? あなたもおそらくED治療法として「バイアグラ」などの名前を聞いたことがあるかもしれません。ここではED治療法の種類、メリット・デメリット、その入手方法について詳しくお伝えします。これを読むことで、自分に合ったED治療薬の使用方法を理解し、不安なくED治療に取り組んでいただけることで、あなたも性のパートナーとも良好な関係を築くことができるでしょう。

1.ED治療法

1-1.病院でED治療薬を処方してもらう


youtsu_01
EDにはどんな治療法があるかご存じでしょうか?ここではED治療薬と、ICI治療法、外科手術についてお伝えしていきます。手軽で効果抜群なのはED治療薬です。ほとんどの方で大きな効果があり、現代のED治療として最もポピュラーなのがバイアグラなどのED治療薬です。その有効率は80%以上と高く、また大きな副作用がないなど、その安全性から治療の第一選択となっています。 ED治療薬は、服用するだけで勃起を助けてくれるものです。病院での診察も口頭での簡単な確認と服用方法を聞くだけで、ズボンを脱いで性器を見せるなどということはないのでご安心ください。

ED治療薬のメカニズムについて

そもそもなぜED治療薬は効果があるのでしょうか。男性の体には、勃起を抑制する酵素があります。もし、この酵素がなければ、男性器はいつでも勃起したままになります。youtsu_01
男性が性的興奮を感じると、一酸化窒素が放出され、男性器の中で血管が拡張されることにより勃起します。勃起を抑制する酵素は、興奮したときの血管を拡張を抑制させる効果がありますので、性的興奮を感じていない状態のときは、この酵素が血管を拡張を抑制しているので勃起しません。

ED治療薬には、勃起を抑制する酵素を分解する効果があります。飲むことで、過剰分泌されているその酵素を分解し、勃起を促す血管の拡張の働きを助けることでEDが解消されるのです。

1-2.注射で即効性のあるICI治療(海綿体注射療法)とは


youtsu_01
ICI治療(海綿体注射)とは、EDになってした人の男性器に、勃起作用のある薬を、直接注射し、勃起を起こす治療のことです。勃起させるには最も有効な手段と言われていますが、1回の使用でも費用がかなり高額なので金銭的に負担がかかります。バイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬が効かなかった方でも効果を実感でき、その効果も98%と言われています。ICI治療をすると大体5~10分程度で効果が現れ、平均で2時間前後の勃起が持続可能です。デメリットとしては、ED治療薬とは違い、強制的に勃起させるので治まるまで人前に出られなかったり、感度が激減してしまうなどあります。
ICI 治療は患部に直接注射をする方法なので、恐怖感を抱いてしまう方が多いようですが、痛みはほとんどなく治療が完了します。初回は医師が注射しますが、2 回目から自分で注射できるようになり、針は0.3mmと髪の毛程度の太さで、薬の量も 0.1 cc~と少量です。持病にも影響を与えることはなく、使用する人を選びません。

また、神経障害が原因でEDの方やED治療薬と併用禁忌のお薬を服用の方、ED治療薬で効果がなかった方にも大変有効で、心臓疾患などや外科的手術などによって、陰茎につながる神経が傷ついていたり、切断している場合などのED治療薬が使用できない方などにも有効です。ED治療の最後の砦となっていますが、費用は注射1本あたり約5千円から1万円とED治療薬より高めです。

1-3.外科手術(プロステーシス)とは


youtsu_01
プロステーシスとは人口器官のことで「陰茎プロステーシス」は、ペニスにシリコンの支柱を埋め込み、勃起状態を実現させる手術方法です。他のED治療が無効な場合や、病気などで適応外の場合に行う、ED最後の治療法です。陰茎プロステーシスの種類には棒状で曲げ延ばし式の「ノンインフレータブルタイプ」と水の移動によるポンプ式の「インフレータブルタイプ」があります。

この手術をしたからといって、性的快感が増したり、オーガズムが良くなることはありません。本人のためというより、パートナーを満足させる為の手術といっても過言ではありません。インフレータブルの手術の場合は、入院することになり費用も高いです。ノンインフレータブル手術は、日帰り手術が可能となっています。ちなみに、入院して手術をした場合、まちまちですが数万~80万円というころもあるようです。

2.ED治療薬の種類・入手方法

2-1.ED治療薬の代表的な薬と種類で効き目の違いはあるの?

ED治療薬といえばバイアグラが思い浮かぶのではないでしょうか。ここでは代表的な3種類(バイアグラ、レビトラ、シアリス)のED治療薬について説明いたします。

・バイアグラ
youtsu_01バイアグラは、世界的に最も有名な薬で、名前だけは大人なら誰でも知っていると思います。バイアグラは25mg錠と50mg錠の2種類が日本では発売されています。海外では100mg錠があるのですが、こちらは日本では未発売です。性行為の1時間前(空腹時は30分程度)に内服すると25mg錠で2、3時間、50mg錠で4、5時間程度効果が続きます。バイアグラは通算の処方実績は一番ですし、確かなED改善効果があります。

しかし、空腹時に内服しないと効果が落ちやすく、特に焼肉など油っこい物を食べてから内服すると極端に効き目が落ちることがあります。食事をしたら2時間程度あけるべきだと言われていますが、
パートナーと食事に行ってから使用するというケースも多いですので、やや内服のタイミングがシビアであるというのが難点です。
費用:バイアグラ…1錠1000円~2000円
※バイアグラにはジェネリック医薬品という選択肢もありますが、後ほど説明いたします。

・レビトラ
youtsu_01レビトラは、陰茎の血管を拡がりやすくし、血液の流れを改善して勃起を助ける働きがあります。イメージは簡単に言うとバイアグラを改良した薬と言えます。まず即効性が上がっており、性行為の20、30分前程度の内服でも効果を発揮します。そして食事の影響もバイアグラよりは受けにくくなっています。ただし空腹時内服がベストであるのは変わりません。5mg錠、10mg錠、20mg錠の3種類が日本でも発売されておりレビトラの20mg錠は薬の強さ(力価)という点ではバイアグラの100mg錠に相当しますので国内では最も強力なED治療薬です。65歳以上はレビトラ20mgは適応外になっています。
費用:レビトラ…1錠1500円~2000円

・シアリス
youtsu_01シアリスは、日本では2007年から処方されている、比較的新しいED治療薬です。シアリスの特徴はとにかく長く効きます。5mg錠、10mg錠、20mg錠が販売されていますがそれぞれ効果は16時間、24時間、36時間以上、となっています。食事の影響を最も受けにくく、副作用も弱めです。いいことばかりのようですが薬の強さはやや弱めであり、効き始めるにも時間がかかります。性行為の1時間前の内服でいいとされていますが、人によっては2、3時間たってから効果が出始めることもあります。

また、副作用がでた場合は少し長めに続くことがあります。シアリス20mg錠を1回内服すると2日くらい効き目が続くので、あらかじめ内服しておけば薬を飲むタイミングを考えなくていいというのも魅力です。
費用 シアリス…1錠1700円~2500円

2-2.ED治療薬はどの病院で処方してもらったらいいの?

ED治療薬は、泌尿器科や専門クリニックでなくても処方してもらえます。どんな診療科でも処方は可能です。EDは治療薬で治せる時代になったので、最近は薬を処方してもらうために診察を受ける人が増えています。患部が患部だけに、病院の泌尿器科や泌尿器専門クリニックなどを訪ねるケースが多いようですが、基本的に処方はどんな診療科でもしてもらえます。
youtsu_01
例えば、かかりつけの内科などがあれば、そこでED治療薬を服用するのに差し支えない健康状態であると判断されれば処方してもらうことができます。EDで受診すると、恥ずかしい検査を覚悟しなければならないのかと身構える人もいるでしょう。しかし、大抵の場合は問診だけでED治療薬が処方されます。特に、心因性EDと思われる場合には、簡単な診察と健康チェックだけで済むことが多いです。

健康チェックは、治療薬を服用しても差し支えないかどうかを確かめるために行うもので、薬歴や既往症を確認します。重い心臓病を抱えている人(ニトログリセリンなどの硝酸薬を使用している場合や)、重度の高血圧や低血圧の人などには処方されません。

・個人輸入は偽物に注意
個人輸入品など、怪しげなED治療薬には決して手を出さないことです。偽物のED治療薬の弊害や、ニセモノを見抜くことなどについては後ほど説明したいと思います。いずれにしても、日本国内で医師にきちんと処方してもらえば安全です。

2-3.病院によって値段が違うのはなぜ?

ED治療は自由診療になり、健康保険適用外になっています。保険適用でない理由としては、「勃起不全を一時的に改善させるが、病気自体を治す薬ではなく、あくまで生活の質を向上させる生活改善薬という扱いのためである。」という厚生労働省の考えがあります。こうした理由から、健康保険適用外であるED治療薬は自由診療(自費)という扱いを受けます。自由に薬の価格(薬価)を決められるので、同じ薬でありながら、病院によって価格が異なるということも起こります。重度の障害や手術の後遺症、慢性疾患などが原因でEDとなった場合も保険は適用されていません。youtsu_01

せめて検査代だけは保険でと思っても、現在の日本では保険診療と自由診療とを一緒に行う混合診療が認められていないので、結局すべての費用を自己負担にせざるを得ないのです。しかし、会社員の人の場合ですと、保険が適用されない=会社に病院通いがバレないという利点もあります。

病院の中には初診、再診料がかからないクリニックもありますので、初めて受診する場合には、初診料や検査費用、処方料などをあらかじめ問い合わせておくとよいです。初診料も再診料も不要で、手軽に処方してくれるクリニックもありますので、ネットなどで調べてみるのもよい方法です。

2-4.失敗しない医者の選び方とは?

ED治療していく際、病院・医師選びも大切になります。第一にプライバシーを守ってくれるかがあなたも気になると思います。治療したい多くの方は精神的な心配が大きく、自分の大事な部分ですので、神経質になるのは当然です。しっかりとした信頼関係が築き安心感があると、その後の治療も大きく変わってきます。病院内でED治療薬を渡してもらえる病院や(薬局が別だと、女性の薬剤師がいる場合がある)、男性のみで運営している病院などもあります。また、事前に相談もできますので精神的な苦痛を和らげることもできます。
youtsu_01
自分ひとりで治療薬の正しい知識を集める事ができたとしても、やはりインターネット上でED治療薬を購入することは、偽造治療薬も出回っていることから、非常に危険を伴います。そして何より、自分の体の状況をしっかりと把握する事は到底不可能です。やはり信頼できる病院・医師を見つけ、治療をしてもらうのが一番の解決法となります。

2-5.ジェネリックバイアグラってどうなの?

まず、ジェネリック医薬品とは、一番初めに研究・開発された医薬品の特許が切れた後に、ほかの医薬品メーカーが製造・販売する医薬品のこと。新薬の研究・開発にかかる費用は巨額のため、先発する医薬品には、薬代にその研究開発費用が上乗せされて販売されます。他会社が後から製造する医薬品は、その研究・開発費用の負担が小さいので、安く販売することが出来ます。

正規品ED治療薬だと、一錠に1,200円、1,500円…というと、一般の感覚では高級品に感じます。
それを一ヶ月で数回使用するとなると、やはり少々負担が大きいと感じられるのではないでしょうか。その悩みを解決してくれるのが、ジェネリック医薬品の存在です。正規のバイアグラよりだいたい4~6割くらい安く買えることが多いので治療のコストを最優先する方にはおすすめです。特徴的な商品としては東和薬品がOD錠(口腔内溶解錠、水なしで飲める)を販売しています。レモン味、コーヒー味などフレーバーがついています。ジェネリック医薬品は本来のものより効き目が落ちることがあると言われますが、ジェネリックバイアグラに関しては今のところ特に悪い評判を聞くことはありません。

しかし、現在市場に出回っているジェネリックED治療薬がすべて安全かというとそういうわけではありません。海外からの輸入品のジェネリックED治療薬には、注意しなければいけません。海外製のED治療薬は偽造品が多く出回っていて、その副作用で命を落としたという例もあります。バイアグラのみジェネリックED治療薬は正式に開発・販売が許可されていますが、バイアグラ以外のED治療薬はまだ特許が切れていないため、それらのジェネリックというのは本来存在しません。このジェネリックでも偽造品が数多く発見されているので、安いからといって安易に購入しないようにしましょう。

2-6.個人輸入は危ない

繰り返しになりますが、個人輸入には危険がたくさんあります。偽造ED治療薬を服用したことによる、深刻な健康被害が数多く出ており、2009年12月発表の「インターネットで入手したED治療薬の4社合同調査」があります。 ここではバイアグラのファイザー(株)・レビトラのバイエル薬品(株)・シアリスの日本イーライリリー(株)と日本新薬(株)の4社が、ネットの個人輸入で入手できるED治療薬を徹底的に調査した結果、約6割が偽物だったと公式発表してます。

youtsu_01偽物は効果がないだけでなく、服用したことによる深刻な健康被害が数多く出ています。偽造ED治療薬は、世界中で製造されていて、現在までに、日本を含む世界60ヶ国で発見されています。製造現場は、不衛生であったり、適当なポリ袋などに入れられて送られたり、アパートの一室などの品質管理されていない場所でボトルに詰められていたりと、流通経路での品質管理にも問題があります。

ED治療薬の効果をよくご存知の方は、やはりもっと安くて手軽に入手する方法はないかインターネット等で探す方も多いのではないでしょうか。日本でのバイアグラの半額以下くらいで取引されています。そして、いま非常に問題になっているのが、本物そっくりに作られていて専門機関にて成分分析でもかけなければ判断ができない偽造ED治療薬です。今いくら簡単に入手できるといってインターネットでED治療薬を入手するのはオススメしません。

また、明らかに偽物のED治療薬が送られてきたり、梱包の粗悪さから入手したのに服用することもできないで泣き寝入りしたという話をよく聞きます。「入金しても商品が届かない」「注文した商品と違うものが届いた」などの理由でメールをしても返信がない。電話も繋がらない。ひどいケースでは、「個人輸入代行業者との取引の際にカード決済をして、後日全く知らないところでそのカードが何十万も使用されていた。」など、ただでさえ危険性があるのに、更なるリスクを負うことは避けた方が無難です。医薬品の個人輸入は避け、ED治療薬は病院で処方してもらうのが一番安全です。

3.ED治療薬のメリット・デメリット

3-1.ED治療薬のメリットとは

ED治療薬で治療できるのなら手術はしたくないと思います。一番のメリットは、性行為前に飲むだけですので手軽だということです。有効率は80%以上と高く、また大きな副作用がないなど、その安全性から治療の第一選択となっています。1錠でうまく効果が出て、自信に繋がりEDを早々に克服した話もあり、その場合は治療代がとても安く済みます。youtsu_01
医薬品としてしっかり効果も認められていて、依存性もなく、必要なときだけ使えるという、ED治療薬を常備しておくのもいいと思います。例えばバイアグラ50mgなどは、半分の25mgでもしっかりと効果は感じられますので、ピルカッターなどで半分に割ってしまえば1回あたり1000円を切り、とても経済的です。 心因性のEDの場合は、ED治療薬を使用し、自信を取り戻す経験を重ねることで性行為への恐怖心が薄まり、次第に症状も快方に向かうこともあります。外科手術に踏み切るのは勇気もお金も時間も必要ですので、まずは手軽に試せるED治療という点でED治療薬を試してみるのがいいと思います。youtsu_01

効き過ぎることもあり、半分の量のED治療薬を服用して性行為をしたところ、少しの接触で勃起し、終了後もしばらくは勃起状態が続き、翌日も朝勃ちするといったこともあります。また、飲み続けたいが中毒にならないかという相談を受けることもあります。ED治療薬は一種の「生活改善剤」のような薬なので依存性や習慣性はなく飲み続けることで、中毒にはなりません。ですが効果のある薬であるため、精神的に頼ってしまうことはあります。

3-2.薬のデメリットはあるの?

デメリットというほどのことはありませんが、服用したときの状況や体質などにより、副作用と思われる症状が出ることがあります。代表的な副作用として、顔のほてりや鼻づまり、頭痛、視覚異常などがあります。しかし、これらはED治療薬の効果が無くなれば自然に消えるので心配ありません。飲んで効き始めるころの顔のほてり感を心配される方が比較的多いようです。
これは血管の拡張作用によるもので、ちょうどお酒を飲んだときに顔が熱くなって赤くなるようなもので、逆にそれがいいという方もおられ、好みは人それぞれです。あくまでも一時的で、大きな副作用は、まだ一度もありません。youtsu_01

顔のほてりや鼻づまりに次いで多いのは、軽い色覚異常や頭痛、胸やけ、下痢、関節痛などですが、これらも、一時的なもので重大なものではありません。症状に応じて、市販の頭痛薬や整腸剤、鼻炎薬、風邪薬などと一緒に飲めば防げますし、服用する量をコントロールすれば緩和できます。ただし、偽物を服用したことによる、深刻な健康被害が数多く出ていますので、個人輸入品など、怪しげなED治療薬には決して手を出さないことです。

バイアグラの場合、普通の食事をした場合でも薬剤の吸収が遅れ効果が低下することがあり、レビトラの場合は、普通食では影響を受けませんが、バター、マヨネーズ、揚げ物、ナッツ類などの高脂肪食を食べた直後に内服するとやはり吸収が遅れ効果が低下する場合があります。シアリスでは、食事の影響はありません。ちなみに、ED治療薬とアルコールの相互作用はありませんが、たくさん飲酒した場合は、EDでない人でもたくさん飲酒したときに性交に失敗する場合と同じことで、ED治療薬を飲んでいても飲んでいなくても勃起するのは困難になります。

また心筋梗塞(6か月以内)、低血圧(90/50mmHg以下)、高血圧(170/100mmHg以上)、脳梗塞・脳出血(6か月以内)、重度の肝障害(肝硬変)、などの方は、ED治療薬を処方できません。

3-3.薬以外の治療法、サプリメントなどは?

根本的にEDを改善したいのであれば、ED治療薬は効果が出ますが、その効果は一時的でED自体が完全に治るというものではないです。EDになったその原因をつきつめ、原因の解消に努めることも大切です。

●サプリメントでEDを改善する
ED治療に有名なED治療薬のバイアグラ等は一切使わずに、精力剤やサプリメントで体の内側から健康な体質に改善して、精力増強をしていく方法もあります。一般的には栄養を補給し、男性ホルモンを増やすことで、血流改善だけでなく性欲も改善されます。人によっては約2日~1ヶ月前後で効果が現れる場合もあります。より長期間使うことで効果が得られ健康な体にしてくれます。ただし、即効性はなく、価格も千円から数万円で様々です。また、市販のものはほとんど効果は薄いようです。

●運動不足の解消
体内を根本的に改善するためには、食生活や運動、日常生活から見直し、勃起するための身体の基盤を整えることが重要です。血行不良も原因の一つでもありますが、運動不足により勃起パワーが衰えることも十分に考えられます。ED に効く一番効率的な運動が、下半身を鍛える運動で、特にスクワットが ED には最も効果的であることがわかっています。
毎日少しずつ筋トレをして、下半身を鍛えることで改善されることもあります。

4.まとめ

ここまで読んで頂きありがとうございます。いかがでしたか?ED治療薬の種類別の効果、使い分け、メリット・デメリットが理解していただけたと思います。ED治療ならED治療薬をオススメしますが、ED治療薬でも安いからといって個人輸入は絶対にオススメしません。

お近くの病院で自分に合った処方をしてもらい、大切なパートナーとのより良い関係に繋がればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連している記事