EDジェネリック治療薬の価格は?入手法と個人輸入の危険性

viagra

ED治療薬を飲んでいて、効果はあるけど「毎回毎回は高い」「ジェネリック医薬品って聞くけど効果はどうなの?」と思ったことはありませんか?これからもずっと使っていくなら費用は抑えたいものです。ここではED治療薬のジュネリックについて詳しくお伝えしていきます。これを読むことでジェネリック医薬品を理解し、付き合っていくことで経済的な負担を減らし、余裕のある生活が送れるでしょう。

1.ED治療法

1-1.ジェネリック医薬品(後発薬)とは

ジェネリック医薬品とは、一番初めに研究・開発された医薬品(先発薬)の特許が切れた後に、ほかの医薬品メーカーが製造・販売する医薬品のことを言います。新薬の研究・開発にかかる費用は巨額のため、先発する医薬品には、薬代にその研究開発費用が上乗せされて販売されます。他会社が後から製造する医薬品は、その研究・開発費用の負担が小さいので、安く販売することが出来ます。youtsu_01

また、新薬(先発医薬品)の特許権が切れたといって後発メーカーが自由に薬を作ってどんどん販売できるわけではありません。ジェネリック医薬品はすべて厚生労働省の販売承認を得て発売されています。また「生物学的同等性試験」というものがあり、先発医薬品と最高血中濃度や吸収のタイミングが同じかどうかが確認されてはじめてジェネリック医薬品と承認されます。

正規品ED治療薬だと、一錠に1,200円、1,500円…というと、一般の感覚では高級品に感じます。
それを一ヶ月で数回使用するとなると、やはり少々負担が大きいと感じられるのではないでしょうか。その悩みを解決してくれるのが、ジェネリック医薬品の存在です。正規のバイアグラよりだいたい4~6割くらい安く買えることが多いので治療のコストを最優先する方にはおすすめです。ジェネリック医薬品は本来のものより効き目が落ちることがあると言われますが、ジェネリックバイアグラに関しては今のところ特に悪い評判を聞くことはありません。

1-2.ジェネリック医薬品のあるものとないもの

代表的なED治療薬はバイアグラ、レトビル、シアリスと3種類ありますが、国内で正式に認可されているジェネリックはバイアグラのみです。バイアグラはアメリカのファイザー社が特許を持っていたのですが、2014年4月にその特許が切れたことでジェネリック医薬品が作れるようになりました。しかしレトビル、シアリスはまだ特許が切れていませんので、バイアグラ以外のED治療薬のジェネリックは、日本の病院・クリニックでは取り扱われていません。海外通販などではバイアグラ以外のジェネリックも販売されていますが、これらは日本では未承認のものです。ジェネリックでも偽造品が数多く発見されているので、安いからといって安易に購入しないようにしましょう。利用には危険が伴います。

1-3.正規品と比べてどうなのか


youtsu_01
日本の厚労省で認可を得ているバイアグラジェネリックは、先発医薬品であるファイザーのバイアグラと同種同量の有効成分を含有しています。同じ成分を利用しているため、基本的に薬の効用も副作用も変わりません。ですので必ず医師の問診を受けて処方箋を書いてもらい、薬剤師から服用の方法及び注意点を良く聞いて服用するようにして下さい。これを無視して自己判断でお薬を服用してしまうと、知らずに併用禁忌の薬剤を服用して身体に害を生じさせてしまう可能性もあります。
副作用は先発品と同じで顔がほてったり目が充血したりすることはほとんどの方にあります。これらはあまり気になされず逆に薬が効いてきた合図と捉えて下さい。また、頭痛や鼻づまりなどもよくある副作用です。これらがひどいようであれば市販の頭痛薬や鼻炎薬が一緒に処方されることもあります。

2.バイアグラジェネリックの種類、相場は?

2-1.バイアグラジェネリックの種類

バイアグラジェネリックといっても数種類あります。ここではどんなバイアグラジェネリックがあるかお伝えしていきます。基本的に効用は同じですが、水なしで飲めるタイプや、味が数種類あるものや、服用量に合わせて調整できるよう割り線が入っていたりと、各社が様々な工夫をしています。

youtsu_01

2-2.バイアグラジェネリックの選び方、特徴?

youtsu_01どのジェネリック医薬品も効き目に関しては、同等である試験データの証明が揃い初めて厚労省も製造販売の承認をするので、気にする必要はありません。この中で一番独創性のあるものは水なしでも溶けるOD錠(oral dispersing tablet)、風味が「レモン」と「コーヒー」の2種類がある東和薬品のシルデナフィル OD 錠 50mgVI「トーワ」です。更に半分に割り易くするために割線まで入っています。ここに利便性を感じる人であれば迷わずこちらを試されるのが良いと思います。また、OD剤は他の錠剤と同じように口の粘膜から吸収ではなく腸から吸収されるので、他の錠剤より早く効くということはありません。このことは、先発品とジェネリックと比較して、血液中の有効成分濃度の推移に違いがないことが臨床試験で確認されています。

2-3.保険適用外?相場は?

ED治療は自由診療になっており、健康保険適用外です。保険適用でない理由としては、「勃起不全を一時的に改善させるが、病気自体を治す薬ではなく、あくまで生活の質を向上させる生活改善薬という扱いのためである。」という厚生労働省の考えがあります。こうした理由から、健康保険適用外であるED治療薬は自由診療(自費)という扱いを受けます。自由に薬の価格(薬価)を決められるので、同じ薬でありながら、病院によって価格が異なるということも起こります。youtsu_01

せめて検査代だけは保険でと思っても、現在の日本では保険診療と自由診療とを一緒に行う混合診療が認められていないので、結局すべての費用を自己負担にせざるを得ないのです。しかし、会社員の人の場合ですと、保険が適用されない=会社に病院通いがバレないという利点もあります。 病院の中には初診、再診料がかからないクリニックもありますので、初めて受診する場合には、初診料や検査費用、処方料などをあらかじめ問い合わせておくとよいです。初診料も再診料も不要で、手軽に処方してくれるクリニックもありますので、ネットなどで調べてみるのもよい方法です。また、バイアグラジェネリックの相場以下の通りです。

バイアグラジェネリック25mg 1錠450~1,500円
バイアグラジェネリック50mg 1錠860~2,000円

2-4.ED治療薬の種類は?

ED治療薬といえばバイアグラが思い浮かぶのではないでしょうか。ここでは代表的な3種類(バイアグラ、レビトラ、シアリス)のED治療薬について説明いたします。youtsu_01

・バイアグラ
バイアグラは、世界的に最も有名な薬で、名前だけは大人なら誰でも知っていると思います。バイアグラは25mg錠と50mg錠の2種類が日本では発売されています。海外では100mg錠があるのですが、こちらは日本では未発売です。性行為の1時間前(空腹時は30分程度)に内服すると25mg錠で2、3時間、50mg錠で4、5時間程度効果が続きます。バイアグラは通算の処方実績は一番ですし、確かなED改善効果があります。

しかし、空腹時に内服しないと効果が落ちやすく、特に焼肉など油っこい物を食べてから内服すると極端に効き目が落ちることがあります。食事をしたら2時間程度あけるべきだと言われていますが、
パートナーと食事に行ってから使用するというケースも多いですので、やや内服のタイミングがシビアであるというのが難点です。

・レビトラ
レビトラは、陰茎の血管を拡がりやすくし、血液の流れを改善して勃起を助ける働きがあります。イメージは簡単に言うとバイアグラを改良した薬と言えます。まず即効性が上がっており、性行為の20、30分前程度の内服でも効果を発揮します。そして食事の影響もバイアグラよりは受けにくくなっています。ただし空腹時内服がベストであるのは変わりません。5mg錠、10mg錠、20mg錠の3種類が日本でも発売されておりレビトラの20mg錠は薬の強さ(力価)という点ではバイアグラの100mg錠に相当しますので国内では最も強力なED治療薬です。65歳以上はレビトラ20mgは適応外になっています。

・シアリス
シアリスは、日本では2007年から処方されている、比較的新しいED治療薬です。シアリスの特徴はとにかく長く効きます。5mg錠、10mg錠、20mg錠が販売されていますがそれぞれ効果は16時間、24時間、36時間以上、となっています。食事の影響を最も受けにくく、副作用も弱めです。いいことばかりのようですが薬の強さはやや弱めであり、効き始めるにも時間がかかります。性行為の1時間前の内服でいいとされていますが、人によっては2、3時間たってから効果が出始めることもあります。

また、副作用がでた場合は少し長めに続くことがあります。シアリス20mg錠を1回内服すると2日くらい効き目が続くので、あらかじめ内服しておけば薬を飲むタイミングを考えなくていいというのも魅力です。

3.通販はどうなの?

3-1.個人輸入は危険


youtsu_01 個人輸入には危険がたくさんあります。偽造ED治療薬を服用したことによる、深刻な健康被害が数多く出ており、2009年12月発表の「インターネットで入手したED治療薬の4社合同調査」があります。 ここではバイアグラのファイザー(株)・レビトラのバイエル薬品(株)・シアリスの日本イーライリリー(株)と日本新薬(株)の4社が、ネットの個人輸入で入手できるED治療薬を徹底的に調査した結果、約6割が偽物だったと公式発表してます。

ED治療薬の効果をよくご存知の方は、やはりもっと安くて手軽に入手する方法はないかインターネット等で探す方も多いのではないでしょうか。日本でのバイアグラの半額以下くらいで取引されています。そして、いま非常に問題になっているのが、本物そっくりに作られていて専門機関にて成分分析でもかけなければ判断ができない偽造ED治療薬です。今いくら簡単に入手できるといってインターネットでED治療薬を入手するのはオススメしません。

3-2.どんな被害があるの

偽物は効果がないだけでなく、服用したことによる深刻な健康被害が数多く報告されています。嘔吐や下痢など最悪の場合は死に至ることもあります。偽造ED治療薬は、世界中で製造されていて、現在までに、日本を含む世界60ヶ国で発見されています。製造現場は、不衛生であったり、適当なポリ袋などに入れられて送られたり、アパートの一室などの品質管理されていない場所でボトルに詰められていたりと、流通経路での品質管理にも問題があります。youtsu_01

また、明らかに偽物のED治療薬が送られてきたり、梱包の粗悪さから入手したのに服用することもできないで泣き寝入りしたという話をよく聞きます。「入金しても商品が届かない」「注文した商品と違うものが届いた」などの理由でメールをしても返信がない。電話も繋がらない。ひどいケースでは、「個人輸入代行業者との取引の際にカード決済をして、後日全く知らないところでそのカードが何十万も使用されていた。」など、ただでさえ危険性があるのに、更なるリスクを負うことは避けた方が無難です。医薬品の個人輸入は避け、ED治療薬は病院で処方してもらうのが一番安全です。

4.まとめに

バイアグラジェネリックについてご理解していただけましたか?病院で処方してもらい服用すれば何も問題ありません。現在、先発品のED治療薬を服用しているのであれば、ジェネリックに変えるのも良いと思います。少しでも経済的負担を減らし、パートナーともながく付き合っていき豊かな人生にしていただければと思います。

写真参照元:Sean Nel / Shutterstock.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連している記事