AGAで効果が出る人出ない人…その違いとは?

agakoka

「AGA治療したいけど効果はあるのだろうか」「どんな治療で効果があるのだろう」と考えたりしていませんか?AGA治療もメカニズムがあり、改善方法があります。ここではAGAの原因と治療法の効果を詳しくお伝えしています。これを読むことで、あなたもAGA治療に取り組むことができ、コミュニケーションを積極的にとれるようになるでしょう。

1.原因と治療法

1-1.AGAの原因とは


youtsu_01

AGAの原因の代表的なものが男性ホルモンです。5αリダクターゼという酵素と、男性ホルモンの1つである「テストステロン」が結びつくと、脱毛を促進する作用のDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します、DHTが増えると発毛を促す細胞の細胞分裂が止まってしまい、新しい髪を作る作業(ヘアサイクル)が上手く機能しません。近年の研究ではこのDHTの血中濃度が高いと、その分AGAが進行することが明らかになっています。また、AGAの原因を大きく占めるものは両親などからの遺伝です。なんと、約8割が遺伝の影響だと言われていて、特に若年性脱毛症の場合は、その要素が深く関係していると言われています。父親もしくは母親が薄毛傾向にあるホルモンを持っていると、体質が子供や孫に受け継がれることがあります。あくまで「AGAになりやすい体質」なので、必ず薄毛になるとは限りません。

その次のAGAの原因として日々の生活習慣やストレスも影響しているといわれています。肉中心の生活・野菜不足などの栄養バランスが偏った食事が続くと、頭皮から過剰に皮脂が出たり、血液の流れが滞ってしまい、髪に十分な栄養を届けることが出来なくなります。同じくお酒やタバコも、髪の栄養不足を招く要因なので、なるべく控えましょう。ストレスは仕事による疲れや休息が不十分な時に溜まりやすくなります。ストレスの負荷がかかったままだと筋肉は収縮し、毛細血管が圧迫されて、血液循環が悪くなる一方です。髪を育てる細胞の働きを低下させるだけでなく、体調にも大きく影響してきますので、自分に適したストレス解消法を見つけましょう。遺伝に関しては体質的なものなので、変えていくことは難しいですが、生活習慣やストレスなどについては自分で改善する方法はありますので注意したいです。

1-2.どんな治療法があるか


youtsu_01

AGAの治療法は、大きく分けると2種類の治療法があります。治療薬を服用または塗布する方法と、成長因子を頭皮に直接注入したり、植毛したりするなどの施術方法があります。1つ目の治療法は、発毛や育毛を促す治療薬を服用、または外用薬を頭皮に塗布する方法。代表的な治療薬として処方されるのは、プロペシアという内服薬とミノキシジルという外用薬(塗るタイプの育毛剤)です。プロペシアというのは製品名で、プロペシアに含まれるフィナステリドという成分がAGAを引き起こす原因となるDHTのはたらきを抑制します。ミノキシジルは頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与えることにより発毛を促す効果があるのです。

2つ目は、施術を伴う方法です。AGA治療薬や、髪の成長を促す「成長因子」と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入し、発毛や育毛を促す「メソセラピー療法」や「HARG療法」は、新しいAGA治療法として注目を浴びている手法です。そして後頭部など、まだ髪の毛がある部分から毛根ごと皮膚を採取し、毛根のない部分に移植する「自毛植毛」という方法もあります。植毛では人工毛を植毛した場合、皮膚トラブルを引き起こやすいという欠点がありましたが、自毛植毛の場合は自分の細胞を移植するので、皮膚トラブルはほとんどないのが特徴です。

2.AGA治療による発毛の効果

2-1.AGA治療で薄毛が改善する理由

髪が薄くなるのは、悪玉男性ホルモンのDHTがヘアサイクルを乱して髪の成長を邪魔するためです。AGA治療でよく使われるプロペシアという成分は薄毛に効果的です。これは次の仕組みのためです。DHTは男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合してできます。プロペシアはテストステロンと5αリダクターゼが結合するのを防ぎ、DHTができるのを邪魔します。プロペシアにより悪玉男性ホルモンのDHTが少なくなると、乱れていたヘアサイクルが正常化し、髪は再び元気に伸びるようになります。

次にミノキシジルという成分は毛根にある毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化して髪の成長を促進することで薄毛を改善しています。プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルは人体への薬の作用の仕方が違うため併用が可能です。併用することでそれぞれを個別で使うより高い効果を発揮します。この成分で脱毛を防ぎ、発毛を促しAGAを改善させていきます。

2-2.育毛・発毛剤の効果とは


youtsu_01

AGAの基本的な治療法は、プロペシアという成分で薄毛の進行を食い止め、ミノキシジルという成分を中心に毛母細胞を活性化させます。それに加えて生活習慣へのアドバイスや頭皮ケアをして、発毛する環境を整えるという治療法をとることが多いです。プロペシアだけを服用している方もいますが、他の治療法を併用することでより高い効果が望めるため、併用で発毛を目指している方が多いです。

プロペシアは、5年間の調査によると1日1mg服用した男性の90%に効果が認められています。頭頂部と生え際どちらにも効果がありますが、特に頭頂部の薄毛の進行を食い止める効果が高いと言われています。ミノキシジルは、48週間、5%使用したことで51%に発毛の改善がみられました。ただし、頭頂部の発毛がほとんどで、生え際にはほぼ効果はありません。

2-3.どのくらいで効果がでるのか


youtsu_01

効果は人によって様々ではありますが、平均的な例としては以下のようになっております。

1~2ヶ月 まだまだ、毛が生えてくるという実感を感じる人は少ないのですが、季節にもよるのですがシャンプーなどで抜ける抜け毛は圧倒的に少なくなってきます。

3ヶ月~4ヶ月 早い人で産毛が生えてくるのを感じたり、毛が太くなっているのを感じることができる期間になってきます。

5ヶ月~8ヶ月 この時期になるとAGA治療をしているほとんど人が、産毛が生えてきた、産毛が太く成長してきた、薄毛が少しづつ気にならなくなってきたなど治療の効果をかなり実感できる期間になります。

9か月~1年 早い人では薄毛がほとんど気にならないレベルになります。
1年以降 1年以降であればほとんどの方の薄毛が気にならなくなるレベルまで育毛・発毛を実感できてきます。

3.病院に通うべき期間

3-1.まずは医師の診断を受けることが大切


youtsu_01

治療法は大きく分けて2種類です。とは言っても、人それぞれ薄毛の原因や進行状況などは異なります。むやみに治療薬などを服用しても、自分の症状に合った治療法でなければあまり効果は見込めません。なので、自分にとって最適な治療法を事前に理解しておくことが重要となります。そのためにも、一度しっかりと医師の診察を受けておくようにしましょう。数あるクリニックの中でも、特にオーダーメイド処方や独自の治療法など、一人ひとりに適した治療が受けられるクリニックを選ぶことをおすすめします。

3-2.ずっと通わないといけないのか


youtsu_01

治療が順調に進めば半年から1年でかなり髪が元通りになります。その時点で「治療をやめてしまってもいいのでしょうか?」と思う方も多いとかもしれません。ですが、残念ながら治療をやめてしまうと再び薄毛が進行していきます。男性型脱毛”症”と、病気を示す”症”がついているのはAGAを日本語に翻訳した結果です。実際には病気ではなく薄毛になる体質です。健康保険が適用されないのもAGAが病気ではないためです。体質とは体が兼ね備えている性質のことで、薄毛になる性質を持っていて、それを治療で抑えているわけです。つまり、薄毛を抑える治療をやめれば、再び薄毛は進行していきます。ですので、薄毛を防ぐにはずっと治療を続ける必要があります。

3-3.効果が出ないこともある?


youtsu_01

内服薬、植毛、育毛剤、毛髪再生医療などAGA治療の方法は様々ありますが、 あまり効果を感じられなかったという人もいます。中には、効果がないと言い切るにはまだ早いと思われる人も多くいますし、そもそも治療法が合っていない人もいます。AGA治療もその他の病気の治療と同じように、症状に合った治療を行わなければ 改善しないのは当然です。

例えばAGA治療でよく使われるプロペシアというお薬は、抜け毛を減らす効果はありますが、発毛する効果はありません。 新しい髪がどんどん生えてくると思ってプロペシアを飲み始めた人は、「全然生えない」ということになってしまいます。AGA治療は種類も様々ですし、たとえ同じ種類でも内容はクリニックによって 違います。本当にあなたの薄毛にその治療法は合っているのか今一度考えてみた方が良いかもしれまん。

AGA治療を受けた期間が短すぎる人は、薄毛に悩む人にとって、治療を始めたら「早く効果が出てほしい」と思うのは当然です。 しかし髪には決まったヘアサイクルがあり、新しい髪が生えるまでには一定の期間が 必要です。AGA治療を開始したらすぐ髪が生えてくるというわけにはいかないのです。1~2か月治療を受けただけで効果がないと判断するのは、 少し早すぎると言わざるをえません。また、全てクリニック任せの人も治療を受けた後で「こんなはずではなかった」と思う可能性も高くなる要因です。治療をリードしてくれるのは確かにクリニックの医師やスタッフですが、 治療を受けるのは患者さん自身になります。とにかく何とかしてくださいという態度で、治療に関する注意点をちゃんと 聞いていなかったり、疑問点を質問して解決しておくなどの努力を怠る人は、 効果がでる前にやめてしまう方が多い傾向にあります。

4.まとめに

いかがでしたでしょうか?これでAGA治療の効果がわかったと思います。もしAGAで悩まれているのであれば早めに治療を始められた方が効果はあります。まずは病院に行き診断してもらうのをお勧めいたします。これからAGAを改善し積極的にコミュニケーションをとることで楽しい時間を過ごせるようになればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連している記事